鬼滅の刃182話のネタバレ最新話・考察をサクッと解説|片目を失った炭治郎に勝機は?!

鬼滅の刃

前回、【鬼滅の刃181話のネタバレと考察】で自分は災害のようなものだから敵討ちを諦めろと、言い張る身勝手な理屈で鬼殺隊を糾弾する無惨に怒りを露にした炭治郎。

いよいよ全ての元凶である宿敵との最後の戦いが開始されました。

鳴女と戦っていた恋柱・蛇柱コンビにも、意外な展開が訪れます。

始まったばかりの無惨戦はどのように進行するのでしょうか。

鳴女を操ることによって、愈史郎はどれだけの力を手に入れることができるのでしょうか。

そして片目を失った炭治郎に、勝機と回復の機会は訪れるのでしょうか。

混戦に近い状態になった無惨戦を具に分析しながら、次回以降の予想も行います。

 

鬼滅の刃を無料で5冊読む方法

鬼滅の刃第182話「激怒」のネタバレ確定

それでは、鬼滅の刃の182話ネタバレ確定速報をお伝えします。

 

遂に炭治郎と無惨の戦いが始まる

炭治郎は無惨と向き合うことで、腹の底まで厭悪が渦巻いたのは初めてだと激しく怒ります。

しかし、どのようにしてみんなの到着を待ちながら夜明けまで戦い続けるか、少しでも有益な情報を引き出してみんなに伝えて生き残るかを考える冷静さも見せます。

そして遂に、炭治郎と義勇の無惨との戦いが始まります。

無惨は腕を変形させて攻撃をします。

義勇は「凪」を使い防ぎますが、無惨の腕は刃物のような切れ味でとても速いので完全には避けきれません。

炭治郎も目で追うことは出来ず、感覚で何とか攻撃を避けている状態です。

 

炭治郎、無惨に接近

炭治郎は、無惨の高速で間合いの広い攻撃を何とかよけ続けます。

そして、無惨の攻撃を抜け攻撃のチャンスが出来ます。

しかし、炭治郎は避けきったと思っていた攻撃が右目に当たっていました。

思わず炭治郎はその場に倒れこんでしまい、無惨はそこを攻撃しようとします。

義勇により炭治郎は何とか避けることが出来ます。

「間合いを詰めるな、斬り込まなくていい、無惨の力は上弦の比ではない」と義勇は炭治郎に警告します。

そこで突然、無惨から驚きの事実が2人に伝えられます。

 

柱は残り3人?

無惨は必死に戦う2人に、夜明けまで時間稼ぎか、光の届かない城の中で柱3人でそれは可能かと伝えます。

「縞の羽織の柱と女の柱は既に私の部下が殺した。」

上弦の肆の鬼によって倒されている伊黒と甘露寺の姿が描かれています。

その言葉に炭治郎と義勇は驚きます。

しかし、無惨は攻撃の手を止めることはありません。

 

炭治郎の限界、、増援の到着

炭治郎は、義勇の足手纏いにならないように戦い続けます。

右目をつぶされているため、匂いを頼りに攻撃を避けようとします。

しかし、ここでとうとう炭治郎の体に限界がきます。

無惨の攻撃が速すぎてにおいを嗅ぐことが出来ず、息が続かないまま壁にぶつかってしまいます。

無惨の攻撃がすぐそこまで来ていて、もう駄目かと諦めます。

その時、無惨の後ろから死んだと思っていた甘露寺が現れ、炭治郎のもとには伊黒が駆けつけます。

2人が生きていたことに、義勇と炭治郎は驚きます。

それ以上に驚いていたのが無惨です。

上弦の肆の鬼である鳴女から伝えられていた情報とは違うからです。

 

愈史郎の登場

誤った情報が無惨に伝わっていたのは、愈史郎が上弦の肆の視覚を操っていたからです。

そして、愈史郎は珠世を殺された怒りを無惨にぶつけます。

「今からお前を地上に叩き出してやる」

愈史郎は上弦の肆の鬼を操作して、城を動かし無惨を地上に出すのでしょう。

 

鬼滅の刃第182話「激怒」の感想・口コミ

一語一句激しく同意すぎて辛いと同時に、同じこと思ってる人が居てとても尊くシンパシーを感じ、是非友だちになりたさ過ぎるのですが、わたしのボキャブラリーでは、ついていけそうも無いのが悲しいです。

この世は無常ですね。まるで鬼滅の世界のように残酷ですが、本誌のようにわたしにもきっと希望は見えるはずです。‬‪

今回も表紙カラーに相応しく神展開と言わざるを得ない展開ですが、このまま神展開でいいのか。途中で中弛みが出て、どんどん作者へのプレッシャーが高まる展開となり、今後も目が離せそうもないです。

 

 

愈史郎がカッコよすぎましたね。登場の仕方もさることながら、珠世様への愛のすさまじさ。鬼の始祖たる無惨に対しても上から目線というところがシビれます。ほんと終わって欲しくないですよね…

 

個人的にコンビで闘う展開はとても好みなので義勇と炭次郎のタッグは胸熱でした。

追い詰められ、周りが見えなくなる炭次郎が義勇の叫びで無惨の攻撃に気がつくところでまた胸が熱くなります。

無惨を城から出すのもどうなのかなぁ。と思いながら読んでいましたが、1度城の外に出して体勢を立て直すのか、それとも策があったから、城から出したのかもしれないですよね。

でも、やっぱり城から出すのなら夜明けギリギリか日が昇ってからかな。と思うので感情的になって、城から出したのかなとも思います。

 

まさか、炭次郎の目がこんな風になるとはわたしも思いませんでした。普通ならちょっと逸れるとか外れてたとかのパターンなのに、そんなことも無く、がっつりとやられてしまってましたね。

‬‪わたしも無惨様がこんなに身体がムキムキだとは思いませんでした。‬‪たしかにもっと体が弱くていかにも貧弱な身体だった気がしましたが、そこも鬼になったから変わるのですかね…。‬‪失礼。

みつりちゃんのちくびもですが、みつりちゃんがもう、少年誌でこんなグロい感じを出して良いのかと心配になるくらいグロくてこれはちょっと…。な感じでしたね。

 

いいところ見てます!ツンデレな伊黒さんが生きていることを純粋に喜ぶ炭治郎と、その反応に少し動揺する伊黒さんがカワイイんですよね。鬼殺隊は本当に根は良い人ばかりです。‬

 

わたしもおばみつ死ぬかと思ったので、死亡フラグ今のところ回避できたので良かったです。無惨様がただでさえ腹立つのにイケメンでチャラくてさらに腹が立ちますね。

とにかく、死亡フラグ回避できたのは本当に良かったです。でも、炭次郎の目ががっつりやられてるっぽいので、これは失明なのか、治療で何とかなって心配させるなよ、馬鹿やろ。治ってよかった。な展開になるのか気になり過ぎてそわそわします。

治って欲しいけど、世界観的には失明して更なる悲しみを負わせそうな感じもします。それで、さらに炭次郎が目に見えないものまで背負うものが増えて…。みたいな展開になりそうな感じもします。

 

ほんと炭治郎の目がサクっとやられてしまいました。とにかく味方でもサクサクと怪我を負っていってしまう鬼滅の刃ですが、せめて炭治郎だけはなんとかならないものでしょうか。

 

鬼滅の刃182話「激怒」の考察

無惨との激闘が幕を開けます。

しょっぱなから窮地に陥る炭治郎ですが、駆けつけた恋柱たちと、愈史郎の機転によって事なきを得ました。

無限城を操る能力を持った鳴女を操ることで、無惨を城外へ放り出そうとする愈史郎。

このまま無惨を追い詰めることは可能なのでしょうか。

 

炭治郎の片目はもう治らないのか?

早々に主人公が片眼を失うという衝撃の展開。

欠損や回復不可能な重症が頻発するマンガであることは承知の上でしたが、これには驚きでした。

負傷は細かく描写されてはいないので、絶対に直らない傷だとも言い切れないのですが、かなりシビアなところもあるこの作品では完全に元に戻ることは難しいようにも思われます。

このまま炭治郎は片眼で通すのかもしれません。

この無惨戦が最後の戦いになり、無惨を倒すことで物語は完結するという公算が高くなってきました。

 

鳴女を操ろうとしている愈史郎に危険はないのか?

鳴女の肉体を支配しようとしている愈史郎。

この状況ではそうするのが最適解なのは間違いありませんが、愈史郎自身に危険はないのでしょうか。

これまでの描写を見る限り、無惨は自らが生み出した鬼を遠隔操作で殺害することが可能です。

問題は、この試みの危険性です。

愈史郎は珠世に作られた鬼であり、彼の見聞きしたものは無惨に伝わらないはずですが、彼が支配しようとしている鳴女はまぎれもなく無惨の支配下にあります。

過去に手毬鬼が無惨の名を口にして始末されていましたが、あのとき、彼女の肉体から腕のようなものが突き出していました。

次回、鳴女の身体からも類似の部位が飛び出して愈史郎を攻撃するかもしれません。

手毬鬼の死に様は愈史郎も知っているので、何らかの対策は採っているでしょうが……

 

無限城の外へ移動する場合、場所はどこになる?

舞台が無限城に移動してからかなりの話数が経過しているので忘れがちですが、元々炭治郎や柱たちは先代お館様が爆死した屋敷跡に駆けつけており、その場で無限城に吸い込まれたのでした。

城への入り口が最初から屋敷跡にあったはずはないので、どの場所に出入り口を開くかは鳴女の裁量次第で、ある程度変更できるはずです。

ということは、その鳴女を操作できることは相当なアドバンテージになります。

どこへでも移動させられるのであれば、それこそ日本とは時差の異なる、すでに陽光が照り付けている外国へ無惨を吐き出すことも可能であるかもしれないからです。

その場合、無惨はいきなり追い詰められることになってしまいます。

ラスボスの最後としては有り得ない気もしますが、純粋な強者との戦いというシチュエーションは上弦の壱戦でやりつくした感もありますので、全く有り得ない展開とも言えません。

 

鬼滅の刃の第182話「激怒」の考察・ネタバレまとめ

予想以上の身体能力を発揮する無惨を前に片目を負傷する炭治郎でしたが、珠世を失い、怒りに燃える愈史郎のアシストにより、事態は急変しました。

最終決戦は無限城の内部で行われるものと予想していましたが、舞台は余所へ移るようです。

この数話、かなり展開がめまぐるしく、前の話でしばらくは続くだろうと思われた状況があっさりと覆ってしまいます。

まさにラスボス格との決戦に相応しい、ジェットコースターのような浮き沈みが繰り返される話運びです。

二話前までは余裕綽々だった無惨すら、次話ではどうなっているか判らないくらい、緊張感がみなぎるストーリーです。

次回も見逃せませんね。

⇒鬼滅の刃の第183話の考察・ネタバレへ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました