鬼滅の刃192話のネタバレ最新話・考察をサクッと解説|十三個目の型の仮説はコレだ

鬼滅の刃

前回【鬼滅の刃191話のネタバレ最新話・考察】では、無惨の身体の身体の秘密の新たな情報と、柱たちの沈黙。そして炭治郎の復活が描かれました。

ポイントは、結果として無惨と一対一で戦うという形になってしまっている炭治郎でしょう。

どこかこれまでと違う迫力のを漂わせる復活した炭治郎。誰の力も借りずに一対一で無惨と渡り合うことができるのでしょうか。

果たして縁壱の記憶から、日の呼吸の十三個目の型を知ることはできたのでしょうか?

そして無惨の攻撃によって腕や脚を失ってしまっている柱たちのさらなる復活はあるのか?

順を追って考察していきたいと思います。

 

鬼滅の刃を無料で5冊読む方法

鬼滅の刃(きめつのやいば)192話ネタバレ最新話確定速報

鬼滅の刃第192話「廻る縁」のネタバレです。

目覚めた炭治郎が見てきたものは。

 

縁壱の記憶

気を失っている間、炭治郎は祖先の記憶の中で縁壱の”正解の形”を見ることで、日の呼吸への理解を深めていました。

そして縁壱の型のあまりの美しさに、それがヒノカミ神楽として受け継がれていった理由も理解します。

縁壱は別れ際、炭吉に耳飾りを渡しました。

それが最期の別れだと気づいた炭吉は、自らを責め続ける縁壱に、あなたは価値がない人ではないと叫び、型を後に繋ぐことを誓います。

日の呼吸を後世に伝えると約束する炭吉の姿は時折、その時代、その場にはいなかった炭治郎の姿に重なっていました。

すると縁壱は遠くから振り返り、笑顔でありがとうと言うのでした。

 

十三個目の型

炭治郎は自分の祖先を守ってくれたこと、珠世を逃がしたおかげで今無惨を追い詰められていることを縁壱に感謝しつつ、日の呼吸の十三番目の型について反芻します。

十二個の型は何百年も経っているにも関わらず驚くほど正確に伝わっており、炭治郎が記憶の中で見た縁壱のものと同じでした。

そして十二の型の始めと終わり、「円舞」と「炎舞」が同じ音であること、伝わっていたヒノカミ神楽が正しい呼吸ができればずっと舞い続けられるものであること、さらに無惨の身体の造りを見て、十二の型を繰り返すことが十三個目の型なのではないかという仮説に辿り着きます。

 

舞い続ける覚悟を決める炭治郎

十三個目の型が十二の型を繰り返すことであるならば、炭治郎は夜明けまで一切動きを止めずに無惨と斬り合うことになります。

それは恐らく地獄になる。

縁壱や父ほどの才覚もない自分にそれができるのか。それどころか、命が夜明けまで持つかもわかりません。

縁壱にもできなかった無惨を倒すという使命を果たせるのか、炭治郎は自分の力に疑問を持ちますが、それでも覚悟を決めて、心を燃やします。

 

無惨の攻撃の秘密

日の呼吸によって攻撃を始めた炭治郎に無惨は縁壱の姿を見て、怒りをあらわにします。

炭治郎は苦戦しながらも、隊士たちが無惨の攻撃を受けてしまった理由に気がつきます。

腕と、背中から伸びる九本の管が無惨の攻撃の主体でしたが、そこからさらに腿から八本の管を出して、さらに上回る速度で攻撃を繰り出していたのです。

常に変化し続ける無惨の攻撃を固定して認識してしまうと認識外の攻撃を受けてしまうことを炭治郎は悟ります。

炭治郎は十二の型を繰り返しながらやはりそれが繋がることを確認し、縁壱から継がれてきたその十二の型を、繋ぐと縁壱に誓います。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)192話最新話の考察

前回第191話では、柱たちにより無惨の身体の秘密が暴かれかけたところで、再び圧倒的な力でねじ伏せられてしまいました。

しかし愈史郎らの懸命の治療により炭治郎が復活します。

そこから今後はどういった展開が考えられるか、紹介していきたいと思います。

 

無惨の身体の秘密

数百年前に縁壱が無惨と対峙したことで無惨には五つの脳と七つの心臓があることはわかっていましたが、さすが現柱の中で最強と言われる悲鳴嶼もそれを見抜く境地まで至りました。

ですがここで悲鳴嶼は脳と心臓を”多数”と言うにとどまっているので、まだ縁壱ほどは見えていないか、余裕がないかもしれません。

そして縁壱の時には具体的な考察がなかった臓器が多い理由ですが、悲鳴嶼はこれを”頸が切断されても死なない理由”としています。

そこで考えられるのは、鬼の死は脳と心臓の分断によって訪れるということですね。

それならば脳と心臓が複数あれば一つが断たれてもどこかでは繋がり続けているので、死なないという理屈になります。

ただし日輪刀を用いない場合は頸を斬っても鬼は死なないとされていますから、まだ他にも理由がありそうです。

 

柱たちの状態は?

惜しいところまで行った柱たちでしたが、再び無惨の圧倒的な攻撃によって沈黙してしまいます。

しかも今回、悲鳴嶼は片足、義勇も片腕を切断されたことがはっきりと描写されています。

人間の失った肉体は戻らないというのが鬼滅の刃ではある種のルールとして守られ続けています。

それは肉体を簡単に復活させてしまう鬼と人間の対比とされているものなので、安易な理由によって覆せるものではないでしょう。

よって仮にまだ彼らに命があるとしても、肉体が元に戻ることはないと思われます。

ただもう一つの可能性として、この中の誰かが鬼になってしまうことも…?

 

復活した炭治郎はどうなっている?

無惨の毒からなんとか蘇ってきた炭治郎ですが、どこか雰囲気が違っています。

これが何らかの覚醒なのか、それとも炭治郎の強い意志の表れなのか。

無惨は炭治郎の醜い姿を見てどちらが鬼かわからないと言いますが、同時にその立ち姿に縁壱を重ねてしまっているのが面白いですね。

醜い鬼と蔑みながらも、縁壱の姿を見出して虫唾が走ると思わず言ってしまう無惨の心の内はどれほどのものでしょう。

 

十三個目の型は?

炭治郎は気絶している間に縁壱の記憶を見てきていますが、ここまで縁壱から十三個目の型は明示されていません。

十三個目の型を知ることはできたのでしょうか?

ただ、最後の炭治郎のどこか超然とした表情からすれば、無惨を倒すことのできる確信は得ているような感じがあります。

 

鬼滅の刃の第192話「廻る縁」のネタバレ・考察まとめ

鬼滅の刃、前回第191話では、柱たちが全滅していく中で、それまで気を失っていた炭治郎が目覚めました。

今回第192話では、炭治郎が気を失っていた間に見た祖先の記憶から日の呼吸の十三個目の型を見つけ出し、そして縁壱の心にも触れながら、それが継がれてきたことに感謝して、繋いでいくことに覚悟を決めました。

夜明けまで残り一時間近く、十二の型を繋げ続けるということは、残りの時間息を止め続けていることより地獄かもしれません。

それでも覚悟を決めた炭治郎の刃は無惨に届くことができるのか。

最期の時が近づいています。

 

鬼滅の刃の第193話の考察・ネタバレへ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました