鬼滅の刃191話のネタバレ最新話・考察をサクッと解説|無惨の反撃と炭治郎復活

鬼滅の刃

前回【鬼滅の刃190話のネタバレ最新話・考察】で赫刀を発現させることに成功した柱たち。

赫刀であれば縁壱がしたように、無惨の身体を刻んで再生できない状態にしてやれるかもしれません。

これまで不可能に近いと思われていた、無惨を夜明けまで足止めするという難業が達成できる可能性が出てきました。

柱たちは無惨に痛撃を与えることができるのでしょうか。

そして、意識不明のままの炭治郎の運命は?無惨の変化や炭治郎の現状に関して考察すると共に、次回の展開を予想します。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)191話ネタバレ最新話確定速報

鬼滅の刃第191話「どちらが鬼か」のネタバレです。

 

炭治郎の目覚め

炭治郎は、無惨の毒のような血によりどんどん脈が弱くなっている状態です。

炭治郎の顔面右側から頭部は、無惨の血の影響で肉が盛り上がりひどい状態です。

喩史郎が炭治郎の治療にあたり、薬を多量に投与します。回復する様子が見られない炭治郎を村田や隠し達が心配して見守ります。村田は必死に呼びかけますが、反応はありません。

「無惨が逃げちまうぞ 早く行かなきゃ」

村田がそう叫んだ時、炭治郎の握りしめていた刀が激しく音を立てて反応します。

そしてついに炭治郎は目を覚まします。

 

悲鳴島が透ける世界で見た無惨の正体

戦場では、刀や武器を赫く変化させた柱や喩史郎の呪符で姿を隠しながら戦う善逸や伊之助、カナヲが無惨を追い詰めます。

無惨もまた攻撃の速度を上げ、戦いは激しさを増しています。

そんな中、集中力を高めた悲鳴島は透ける世界を体感します。

透き通った無惨の身体は、脳と心臓が12個ある異形な構造が見えました。

手足と違い複雑な造りである臓器を複数所有出し、自在に移動させられる驚異的な能力が首を斬っても死なない理由だと理解しました。

そして、悲鳴島は自分と同じように透かして感知出来る者と共に同時に12カ所攻撃する事で、無惨を倒す事ができるのでは考えました。

悲鳴島は、伊黒に無惨を注視する事で透けて見えると声をかけ、また伊黒も無惨の体が透けて見えると同時にその異形な正体を確認しました。

 

無惨の反撃と炭治郎復活

無惨を倒す方法にいきついたその時、無惨の触手による強力な一撃で、周りに居た者達を吹き飛ばしました。ほんの一瞬の事です。

この一撃で、悲鳴島は左足を失い、冨岡は刀を握っていた右腕が切断、伊黒も瓦礫の中で激しく出血、不死川も建物の上まで吹き飛ばされ壊れた壁に引っかかり生存がわからない状態です。

伊之助や善逸もそれぞれ大きく傷を負ってしまいます。

カナヲだけは無傷でしたが、瑜史郎の呪符が切れ姿があらわになります。

目の前の状況に絶望感を抱きながらも、胡蝶しのぶを思い出し戦わねばと自分に言い聞かせますが、足が言うことをきかないようです。

無惨がカナヲに手をかけようとしたその時、炭治郎が駆けつけ、『ヒノカミ神楽・輝輝恩光』で無惨の片腕を切り落とし、カナヲを助け出します。

炭治郎の右頭部は無惨の血による細胞破壊で肉が盛り上がったまま、目には怒りと闘志がみなぎっています。

無惨は「これでは どちらが鬼か わからないな 竈門炭治郎」といい捨てます。

無惨は炭治郎と縁壱の姿を重ね、強い嫌悪を感じているます。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)191話最新話の考察

無惨の謎の能力が炸裂、戦闘不能状態に陥ってしまった柱たち。

一人立ち上がった炭治郎に逆転の目はあるのでしょうか。

 

柱たちは戦線復帰可能なのか?

これまで無惨を取り囲んでいた7名のうち、カナヲを除いた六名は微動だにできない状態です。

とくにまずいと思われるのが右腕を失った水柱と左足の無くなった岩柱。

ここまで重症を負わずに戦ってこれたこの二名が、いきなり戦線離脱に近い傷を受けたことはかなりの痛手です。

風柱・蛇柱と善逸・伊之助の負傷の程度ははっきりしませんが、あまり楽観は出来ないでしょう。

最悪の場合、ここからは炭治郎一人で戦うことになるのかもしれません。

 

無惨の新技はどのような力なのか?

「パギャッ」という轟音と共に、それまで自分を攻め立てていた柱たちを吹き飛ばした謎の攻撃。

それまで何とか対応できていた柱たちが成すすべもなく喰らってしまったことを考えると、これまで以上のスピードと破壊力を備えた攻撃なのでしょう。

あるいは単なる身体能力ではなく、血鬼術の類かもしれません。

ここまでの戦闘で、無惨は一度も血鬼術を使っておらず(少なくともモノローグで『血鬼術』と宣言してはいない)この局面に至って使い始めたのではないでしょうか。

だとすると、ある程度は無惨を追い詰められていることは確かなのでしょう。

これまで使用しなかったのは、何らかのデメリットがあるからなのかもしれません。

 

復活した炭治郎は鬼に変化している?

周囲に音が鳴り響く程の握力で赫刀を発現、瞬時にヒノカミ神楽・輝輝恩光を無惨に食らわせ、カナヲを助け出した炭治郎。

無惨の毒に侵されているにも関わらず、その身体能力は戦線を離脱する以前より飛躍的に向上して見えます。

炭治郎の肉体に、何らかの変化が生じていることは疑いようもないでしょう。

この変化が夢の中で会得した極意の類によるものなら問題はないのですが、よくない可能性も考えられます。

無惨の血に影響を受けて、肉体が鬼に変化しつつあるのではないでしょうか。

無惨の話によると、今回炭治郎たちが受けている毒は、鬼に変化させる類のものとは異なるようですが……

 

結局炭治郎はヒノカミ神楽十三番目の型を会得できたのか?

炭治郎が父親から教わったヒノカミ神楽は、十二番目までしかないということが判明しています。

無惨との戦いで縁壱が編み出した十三番目の型は伝わっていないのです。

しかしその型こそ、無惨の肉体を切り刻み、再生が不可能になるまで追い込んだ、今最も必要とされている技であることは間違いありません。

夢の続きで炭治郎は、この型についてもヒントを得られたのでしょうか。

ただし、炭治郎が十三番目の型を習得していたとしても、問題は残っています。

十三番目の型で無惨を刻んだ縁壱も、結局、分裂した無惨を取り逃がしてしまっているからです。

無惨を確実にしとめるためには、あの分裂能力も封じなければなりませんが、どのように対処すればいいのでしょうか。

 

鬼滅の刃の第191話「どちらが鬼か」のネタバレ・考察まとめ

前話190話では、刀を赫刀に変えた柱たちが残る力を出し切り反撃開始。

夜明けまであと1時間3分となりました。

191話は、瀕死の炭治郎を喩史郎が治療と村田の呼びかけで、ついに炭は目を覚ましました。

戦場では、無惨の体を透明化で認知出来るようになった悲鳴島でしたが、無惨の一撃により重症を負い生存も明らかでない状態です。

唯一、攻撃を免れたのはカナヲでした。

無惨に手をかけられそうになったその時、炭治郎がヒノカミ神楽で技を出し、カナヲを救い出しました。

192話では、ついに戦場復帰した炭治郎と無惨の戦いになると予想されます。

炭治郎が瀕死の中で見た炭吉の記憶はどような影響をもたらすのか、無惨の攻撃に吹き飛ばされた柱や仲間達は死んでしまったのか?

今後の展開がますます楽しみですね。

 

鬼滅の刃の第192話の考察・ネタバレへ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました