鬼滅の刃186話のネタバレ最新話・考察をサクッと解説|縁壱と竈門家のつながり

鬼滅の刃

前話【鬼滅の刃185話の考察とネタバレ】、無惨に付けられた傷から、無惨の血により細胞が破壊され、顔面の右側は肉が盛り上がり、無惨による死の宣告を受けた炭治郎でした。

富岡から炭治郎を託された村田が、必死に心臓マッサージを施しますが、息を吹き返す様子もありません。

炭治郎は、走馬灯を見ているようですが、幼い子供に「とーたん」と呼ばれていました。

そして、何百年も前に生きていた縁壱に出会います。

鬼殺隊で始めて痣を発現させ、日の呼吸を使う唯一の隊士・炭治郎をこのまま失ってしまうのか?炭治郎の走馬灯は何を語るのか?

今回は「【鬼滅の刃(きめつのやいば)186話】瀕死の炭治郎が見ている世界。過去の記憶と受け継がれる想い」と題し紹介します。

 

鬼滅の刃186話ネタバレ確定速報

それでは、鬼滅の刃の186話ネタバレ確定速報をお伝えします。

 

炭治郎の夢

瀕死の炭治郎は夢を見ていました。

手には斧を持ち、家の前で薪割りをしている姿に何をしているのか、走馬灯かと戸惑います。

そこに小さな女の子が近づき「とーたん」と炭治郎の袖を引っ張ります。

わけが分からず女の子が指さす方に目を向けると、そこには始まりの剣士である縁壱が立っていました。

 

炭治郎の心臓マッサージをする村田

現実では、村田が必死に炭治郎の心臓マッサージをしていました。

しっかりしろ!と叫びながら炭治郎の蘇生を試みますが、息も心臓もとまっていまっているように感じた村田は焦ります。

そこに、愈史郎と行動を共にしていた隊士が駆けつけ、愈史郎が瓦礫の下敷きななっているので助けて欲しいと言われます。

しかし、死にそうな炭治郎を目の前にして村田は悩みます。

愈史郎を助ければ炭治郎を手当てしてくれるはずだと言われた村田は一旦、炭治郎の元を離れます。

 

縁壱の過去、忌み子として生まれた自分

夢の世界では炭吉の体に炭治郎の意識が入り込んでいました。

炭治郎は、十三番目の型について聞ける事があるかもしれないと考えますが、上手く思った事を伝える事が出来ません。

遺伝した先祖の記憶の夢を見ているため、干渉出来ないようになっており、以前、炭治郎が見た炭吉の夢の二年後の事でした。

再会した炭吉一家が元気でいる事に喜び、幸せな人間を見て自分も幸せな気持ちになりました。

縁壱は、誰かに話を聞いて欲しかったのだと、二年ぶりに炭吉の家を訪れました。

縁壱の母親は信心深く、この世からいさかい事が無くなるように毎日祈り、耳が聞こえないと思い、太陽の神様に温かく照らしてくださいと耳飾りのお守りを作るような母親でした。

兄も優しい人で、いつも気にかけてくれ、父から構うなと殴られた翌日に笛を作って持ってきて、助けて欲しい時には笛を吹いて兄の助けを呼べと赤紫に腫れた顔で笑うような兄でした。

縁壱の記憶の中では、兄は自分の事を思ってくれる心優しい人でした。

やがて母が亡くなり、縁壱は自分が忌み子だと分かっていたためにすぐに家を出ました。

寺へは行かず、どこまでも思い切り走り、一昼夜走り続けても疲れて足が止まる事はありませんでした。

 

縁壱の過去、うたとの出会いと別れ

山の中の小さな田んぼに縁壱と同じ年頃の女の子が立っていました。

女の子は桶を持ったまま長い間立ち続け、何をしているのかと聞いてみると流行りの病で家族が死んでしまい、一人寂しいので田んぼのおたまじゃくしを連れて帰ろうとしていると言いました。

しかし、女の子は捕まえたおたまじゃくしを全て田んぼに逃がし、「親兄弟と引き離されるこの子たちが可哀想」と言うと縁壱は彼女と一緒に家に帰り、一緒に暮らし始めました。

彼女の名前は「うた」といい、よく笑いよく喋る女の子で、縁壱はうたのお陰で他人と自分の世界の見え方が違う事を知りました。

生き物の体が透けて見える人間などいないと聞いて、うたと一緒に暮らす事で、自分は他の人間とは違う能力がある事や、今までの人生で感じていた漠然とした疎外感の理由が分かった気がしました。

十年後、二人は夫婦になり、やがてうたの出産が近づき、縁壱は出産に備えるために産婆を呼びに出かけます。

日暮れまでに帰るつもりが、山中で倒れていた老人を助け送り届けたため、産婆を呼ぶのを明日にし急いで帰る事にしましたが、家についた時には夜になっていて、うたはお腹の子と共に殺されていました。

 

鬼狩りになる

自分が命より大切に思っているものでも、他人は容易く踏みつけに出来るのだと知った縁壱は、十日間の間、妻と子供の亡骸を抱き茫然とし、鬼の足跡を追ってきた剣士に弔ってやらないと可哀想だと言われました。

縁壱の夢は平凡なもので、小さな家で家族と静かに暮らし、手を伸ばせば愛する人がすぐに届く距離でした。

武士の家で忌み子として常に孤独を抱えた縁壱はうたと出会った事でやっと掴めた小さな幸せなでした。

その幸せを鬼によって奪われ、縁は鬼狩りとなります。

鬼狩りは古くからいましたが、呼吸が使える者がいなかったため、縁壱が呼吸法を教えました。

柱と呼ばれていた当時の剣士達は元々は炎・風・水・雷・岩の剣術の型を使って鬼と戦い、その型に縁壱が教えた呼吸法を上乗せして使う事で飛躍的に力を向上させ、凄まじい勢いで鬼を倒せるようになっていきました。

やがて、部下を殺された兄・厳勝も鬼狩りに加わり力を貸してくれるようになりました。

それから間もなくすると、縁壱は鬼の始祖である無惨を見つけます。

縁壱は、出会った瞬間に自分はこの男を倒すために生まれてきたと確信しました。

 

鬼滅の刃186話「古の記憶」の感想

兄上、自分を好きになれない人だから、自分が愛されていたことを自覚できないんですね……

縁壱、これまで周囲の人間や読者が想像したいたようなキャラクターと違いますね。すさまじ才能に恵まれた人なのは確かなんですけど、けっこう「普通の人」なんだなあ。

縁壱は自分が他者と隔絶した才能の持ち主であることは理解していたみたいですが、そのことが他人にコンプレックスを抱かせるとか、そういうところにまで考えが及んでいなかったみたいに見えますね。その辺りが判っていれば、兄も歪まないで済んだのかもしれません。

ジャンプマンガに悪役は数多く登場しますが、ここまで愚かで、無自覚に他人の大事なものを破壊し続けた悪役はいないと思います。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)186話「古の記憶」の考察

早速、186話「古の記憶」の考察です。

 

瀕死の炭治郎。息を吹き返す事は出来るのか?

炭治郎は息もなく心臓も止まっている死んだ状態です。

必死に心臓マッサージしてくれていますが、毒のような無惨の血は細胞を破壊し続けるはずなので、普通であれば助からないところです。

けど、夜明けまではまだまだ1時間。しかも、始まりの呼吸を使える唯一の炭治郎。

ここで死なれる訳にはいかないです。何とか生き返るきっかけがあるはずと信じています。

そんな炭治郎自身の意識は、上弦の陸との戦いの後に見た「縁壱が生きる」世界。すなわち、過去の記憶の中に入ります。

ここにきて、過去の記憶編がくるという事は、その中に無惨を倒す為のヒントがあるのではないかと期待しちゃいますよね。

炭治郎にそっくりな人物は、炭治郎と同じ市松柄の羽織です。

縁壱が生きた遠い昔の時代ですので、炭治郎のご先祖さまだと考えられます。

もしかしたら、近々、竈門家に伝わる日の神神楽の誕生秘話も明かされる可能性もありますね。

 

縁壱と竈門家

炭治郎にそっくりな男性と縁壱のやり取りで、縁壱の生い立ちが語られはじめました。

上弦の壱・黒死牟の回想でも、縁壱はとても静かでどこか悲しそうな顔をしています。

縁壱零式や黒死牟の回想の様な天才的な剣技を持ち、鬼の大将を追い詰めた人にはとても見えませんよね。

そして、縁壱には”うた”という大切な家族がいたことが判明しました。

そして幸せな時間を鬼に奪われ、失った悲しみと憎悪が天才的な剣の才能を持っていた彼をより強くし無惨を倒す為の剣技が磨かれのでしょう。

始まりの呼吸、即ち日の呼吸は縁壱が剣技を極めるなかで生まれたようですが、それが何故、日の神神楽となり、神楽を極めた竈門家が呼吸として使う事が出来るのかはまだ明かされていません。

おそらく、炭治郎にそっくりな男性が伝授されたのかと考えますが、彼は炭治郎とは違い平凡な炭焼きって感じですので、今後の展開が楽しみですね。

 

縁壱が生きた時代

子供を身篭った妻・うたを鬼に殺され、呆然とした縁壱を救ってくれたのは、炎柱・煉獄によく似たシルエットの隊士でした。

彼は火の呼吸の使いに間違いないですね。

火の呼吸は煉獄家に代々受け継がれ、他の呼吸もた絶やす事なく受け継がれ、今、まさに無惨を追い詰めているのです。

ラストシーンで無惨と対峙しましたが、となりにいる女性、見覚えがあります。

珠世じゃないですか?

心なしか若い?初々しい?そんな印象ですが、無惨と行動を共にしていた時期があったとは驚きです。

珠世は過去に「200年で鬼に出来たのは喩四郎ただ一人」と語っていましたので、縁壱と無惨の対峙がどの時期に当たるのかは分かりませんが、相当昔に遡っているのは確かです。

そんな遠い昔から鬼殺隊は呼吸を絶やさずに次の世代へ伝承し、鬼を倒し無惨を倒す機会を待っていたのです。

親方様が最期に語った「僕たちはずっと待っていた」の言葉。

今ある鬼殺隊ではない、遠い昔からずっと絶やさず受け継いできた無惨に対する想いの強さを改めて感じ、言葉の重さが響きますね。

 

鬼滅の刃の第186話「古の記憶」の考察・ネタバレまとめ

前話185話で、無惨より死の宣告を受けた炭治郎でしたが、今回は炭治郎は生き返ることはなく、炭治郎の見る古い記憶の話でした。

日の呼吸を使う縁壱と日の神神楽を伝承する竈門家に接点がありました。

縁壱がなぜ鬼狩りになったのか、悲しい過去が明かされました。

縁壱が無惨と出会った時、隣にいた女性が珠世であれば、それは何百年もの昔の話だとわかります。

また、縁壱を救った隊士は煉獄恭寿郎に似たシルエットでしたので、何百年も前から呼吸は絶やさずに伝承されている事になり、産屋敷家・鬼殺隊の無惨を倒す想いの強さが伝わります。

唯一、無惨に傷を負わせた剣士・縁壱の戦いはどのようなものだったのか?

ヒノカミ神楽の誕生についてもまだ明かされていません。

そして、炭治郎は生き返ることが出来るのか?

次回も見逃す事が出来ませんね。

 

鬼滅の刃の第187話の考察・ネタバレへ続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました