エイジングケアの笑えるネタブログ
TOP PAGE > しわ取りテープは一部で大変人気の

しわ取りテープは一部で大変人気の

しわ取りテープは一部で大変人気のようですが、ご存知でしょうか。


貼るだけで顏のしわを取ってくれるしわ取りテープは、テレビでコスメなどに詳しいという芸能人に紹介されていました。その人も愛用されているようです。これはしわをのばしてテープを貼り、しわが取れるよう皮膚の矯正を行う商品のようですが、これを貼ってる最中は引っ張られる感覚があって、効いている気がするのですが、あまりにも長い時間貼りつづけていたりすると、肌への良くない影響も出てくるようで、貼りつけた部位が赤くなったり、荒れてしまったりすることもあるようです。


しわ取りテープを使ったら肌のトラブルが増えてしまった!などということになるのは困りますから、正しく使用してちょうだい。

お肌に関しては、多くの女性が悩みを抱えています。老化に伴い、特にシミに関して悩みがちです。シミをどうにかしたいと思ったら、積極的にビタミンを摂取するというのが重要になってきます。



特にビタミンCは、シミの予防だけでなく出来てしまっているシミに対しても、薄めたりすっかりみえなくなることもあります。

積極的なビタミン摂取を日々する事で良い状態で肌を維持できます。

肌トラブル(まずは、その肌トラブルが起こってしまった原因を知り、改善していくことが大切でしょう)が起きますと、シミが出来ることがあるでしょう。たとえば、外出時の日焼けがあります。


赤く痛むときはもちろんの事、違和感がなくても分からないだけで軽い炎症が起こっています。


ひょっとすると、基本となるスキンケア(ある人にとっていい方法が自分にも効果的だとは限りません)は、日焼けをしないことなのかも知れません。

たとえば、オキシドールを肌のしみ取りに活用するという話を耳にしたことがありますが、オキシドールの役割は傷口を消毒する事であって、傷のないきれいな肌に用いるのはとっても負担がかかるはずです。他にも、オキシドールを使用して髪の毛の脱色を試みた方もいらっしゃるでしょうが、これは髪のダメージを深刻化させます。どう考えても、肌にや指しいとは思えません。


目たつ深いシミが肌にあり、消したい時に効果が高い治療法は、皮膚科などで施術を行ってもらうレーザー治療やピーリングが挙げられます。専門機関による治療のメリットとしては効き目がすぐに確認でき、短期間でシミが気にならなくなるということでしょう。セルフケアでシミを消すには、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにあるシミ治療薬を飲むか、メラニン色素を抑える成分ハイドロキノンが配合された専用化粧品でケアすることがシミ対策に有効です。年齢は自覚していたけれど、お肌を見立ときにシミができていると心が沈みますね。
一口にシミと言っても、その形や体のどの部分にできるかということで、いくつかの種類に分けることができ、シミに合った市販のお薬を探してみたり、病院で薬を出して貰うのもいいかも知れません。


でも、シミの全部が薬で治療できる訳ではないので、あつかいの難しいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、外部刺激による治療法であるレーザー照射もご検討ちょうだい。メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間が肌のケアにとって大変特別な時間だということを認識しましょう。お風呂、あるいやシャワーの後だったり洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、いわば、いくらでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。

短いけれど、大切なこの10秒間に何もしないでいるのはとても残念なことですし、大切な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。
洗顔を終えたなら、素早くタオルで水気をとり肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげてほしいです。



乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。

乳酸菌は内部からうるおった、ハリのあるお肌をつくるのに役たちます。ビタミンBはお肌の新陳代謝を盛んにする作用があります。



さらに、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩め、角質層がはがれるようにする作用もあります。
このような栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)を摂ることはシミ・くすみ対策と美白に大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミ対策のために、毎日食べたいものです。

美白成分に欠かせないものはたくさんありますが、お肌のシミに強いのがプラセンタだといえます。


シミの原因のメラニンが新たにできることを抑える作用があります。


そして、美肌に欠かせない成長分子を持っているため、細胞の入れ替わりが活発になり、不必要な角質と伴にシミ持とれやすくしてくれます。


年をとってくると減少してくるコラーゲンまでもつくりやすくしてくれるので、美肌ケアとしていいですね。



こんなにお得なことはありません。


肌に皺ができる原因のひとつとして乾燥はぜったい無視できないでしょう。肌の健康は脂肪と水のバランスで保たれていますが、乾燥すると細かいヨレ(昔は縮緬皺と言いました)が出て、しわができやすくなります。

まぶたから目尻、目の下にかけては皮脂の分泌が少ないため乾燥によるダメージを直接うけるので、もっとも早く皺ができる場所と言われています。若いころにくらべるとコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が減るため、シワ予備軍とも言うべき肌のたるみができやすく、一度出来ると消えにくいのも特性です。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 エイジングケアの笑えるネタブログ All rights reserved.