エイジングケアの笑えるネタブログ
TOP PAGE > 適度な飲酒は体に良いと言われてい

適度な飲酒は体に良いと言われてい

適度な飲酒は体に良いと言われていますが、喫煙は何もメリットがありません。
人間の体の中では消化器と血管で栄養の取り込みと排出が行われていて、喫煙により毛細血管が収縮すると表皮や真皮に必要な酸素・水分・栄養が届かず、老廃物が溜まります。普段、表皮はその下にある真皮の保護として働いていますが、機能が劣化すると真皮に紫外線や乾燥などの影響が及ぶため、フェイスラインがくずれて、小皺が出てくるのです。

美肌を求めるなら喫煙は絶対に避けるべきでしょう。顔のシミをコンシーラーでみえなくしようとしたら、思いがけず、シミが目立ってしまった体験はありませんか。一般的に、ファンデーションを選ぶなら、地肌のカラーより明るいカラーを選択する人が多いですが、シミをわからなくするためにコンシーラーを購入する際、肌より明るめのカラーをセレクトするとシミがさらに際たつでしょう。コンシーラーでシミをカバーするためには地肌よりこころなしか暗い色を選択することが要点です。
しわ取りテープというのをご存知ですか。

利用者はまだ少ないようですが、顔の皺をなくす効果があり、テレビ番組の中で某タレントさんが魔法の効果を紹介して、私も驚きました。顔の皮膚をリフトアップするだけで、ものすさまじく若くハツラツとして見えるんです。



でも、ある程度時間を限った使用でないと薄くなっている表皮に負担をかけ、使用した部位によっては腫れや湿疹、赤みが出ることもあるようです。

強烈な効果的であるものはリスクもあると考え、使用上の注意は守らなければいけませんね。

私は「ここぞ!」という時に試してみたいです。



色々なスキンケアを試したけどいまいちという方は、スキンケアの「機会」を逸しているのかも知れません。
立とえば洗顔料で丁寧に洗ったアトとか、お風呂から出たばかりの肌ってマシュマロみたいで、すさまじく潤っているのがわかりますよね。
ただ、本人が思っているより急速に乾燥スピードが上がっているんです。ひび割れした地面やパレットの上の絵の具を想像してみてちょーだい。あれだって元は潤っていたんです。
もともと潤ってい立ところが急に乾燥すると、表層部分では過剰な反応が起きます。

いわゆるシワです。



うまく使えば絶好の保湿タイムである洗顔直後は、間違っても鏡の前で「あ、ニキビ」などとどまったりしないよう気をつけてちょーだい。
タオルで拭いたら化粧水(保湿効果のあるもの)やライトな乳液などでしっかりと水分を補充しましょう。
吸い込みが良いので、多めにつかうことがコツです。


一日2リットルの水分を欠かさないことが健康に役たちます。お肌のことを考えても、水を飲むことは大切です。水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。


老廃物がお肌にたまるので、黄ぐすみの原因になります。

また、水分不足は乾燥肌の原因となり、くすみも小じわもほうれい線も目たつ結果になるので、特に女性は水分不足に注意してちょーだい。



肌のシミが目たち、取り除きたい場合に有効なのは、皮膚科などで施術を行って貰うレーザー治療やピーリングがあげられます。

専門機関による治療のメリットとしてはすぐに効き、施術を行ったその日にシミが消えるのを確認できる事になります。

医療機関に通わずに消したいなら、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにある市販のシミ治療薬で内服治療するか、美白成分であるハイドロキノンが使われている化粧品などを使うことでケアできます。45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。

だいたいその年代というと、加齢によって疲労がその日のうちにとれず、持ち越すようになり、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が目立ってくるころだと思うのです。以前は肌のコンディションが良くないと感じても、リフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっとゲンキになりました。

しかしなぜだか急に、復活しなくなってくるのです。
肌から疲れが抜けなかっ立と感じる日も増えたりして、そろそろ対策をすべ聴かと思っています。立とえば、同じくらいの紫外線を浴び立としても、その結果、肌にできてしまうシミは個人差があります。

要するに、シミに出やすいタイプの肌があるわけです。

詳しく言いますと、きめの細かい白い肌を指します。


簡単な見分け方は、日焼けによって黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。



美肌はすさまじくデリケートに出来ています。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌を指します。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮溝が区切る皮丘という部位で作られた模様のことを指します。

キメが整っている肌を見ると皮丘大きさのちがいがあまりなく整然とよく揃っています。


ところが、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能がうまく働かないでいると、すぐ下にある真皮もダメージをうけてしまいます。



真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としてのはたらきがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワを造ります。


カビが生えやすい時節と言えば、やはり梅雨ですが、蒸し暑い時節になると、私達の肌にいる常在菌も増殖する傾向にあります。

真菌の一種である、マラセチア菌が原因とされる「でん風」と呼ばれる皮膚の病気は、体の各種のところに発症します。


でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、色素が抜けたように白くなるでん風もあるのです。違和感を感じるようなシミを見つけたら、是非一度、皮膚科へ行ってみましょう。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 エイジングケアの笑えるネタブログ All rights reserved.