気をつけよう!アルコールハラスメント

アルコールハラスメントとは

アルコールハラスメントとは、アルコール飲料に絡む嫌がらせ全般を指す言葉です。アルコール類の多量摂取の強要などの対人関係の問題や、酩酊状態に陥った人が行う各種迷惑行為などの社会的なトラブルがあります。日本ではアルコールハラスメントが原因での死亡者が出たことをきっかけとして1980年代以降に急速に問題視されはじめました。昔から酒類はコミュニケーションの道具として用いられてきました。軽度の飲酒は気分を楽しくし、人間関係を円滑にする潤滑剤の役目を担ってきたと言えます。しかし、度を越えて飲酒すると、めまい・吐き気といった不快な症状を招き、また判断力を失った酔っ払いの常軌を逸した行動は周りの人に不快感を与え、しかも当人が常識の埒外にいるため、余計に自体を悪化させる場合があります。また、イッキ飲みなどの急激・大量の飲酒は急性アルコール中毒の原因となり、それにより死亡する場合も珍しくありません。特に日本人は遺伝的にアルコールに弱く、約45%の人がいわゆる下戸で、約5%の人は体質的に一切アルコール類を受け付けないといわれています。こういう人にまでアルコールを飲むことを無理強いすることは「殺人行為」に等しく、アルコールハラスメントに関する最も深刻な問題として認識されています。この問題は特に1980年代以降に急性アルコール中毒で死亡する20代の若者が続出したことから注目されるようになりました。大学生などのイッキ飲みが急性アルコール中毒死の原因として注目され、死亡した大学生の遺族らによる呼びかけなどにより、社会問題として取り沙汰されるようになりました。

アルコールハラスメントの定義

この問題に関する日本の代表的な組織「特定非営利活動法人アルコール薬物問題全国市民協会」は、アルコールハラスメント行為を次の5つに規定しています。

  • 飲酒の強要
  • 一気飲ませ
  • 意図的な酔いつぶし
  • 飲めない人への配慮を欠くこと
  • 酔ったうえでの迷惑行為

会社と飲酒

社会的な対人関係において、酒の席や歓待行為に絡むトラブルは根強く残っています。日本の会社社会では役職の上下関係から、上司に勧められた杯を断ることは礼を失する行為であると長らく思われてきたため、酒に弱い体質であったり、酒癖が悪いために自重している人が、無理に飲酒して健康を害したり、後々まで悔恨する事故を起こす例が多くありました。日本では酒豪を一種の驚嘆を持って称える文化が見られ、この延長で下戸の人を軽蔑する人が少なくないため、本来飲酒に向いていない人が杯を重ねることもあります。特に日本の古い会社社会では、女性社員や平社員がお酌して回る、あるいは上司が部下に労をねぎらう意図で酒を飲むことを勧めるという風習が見られます。こういう場合、勧める側が飲酒を強要したときに、勧められた側が断ることを良しとしない、恥をかかされたと感じるなどの風潮もあり、このような件でのアルコールハラスメントは、文化的土壌やパワーハラスメントとしての側面を含んで根絶しにくいとの指摘もあります。

イッキ飲み

イッキ飲みは1980年代頃から大学生らの間で流行した、一息に酒を飲み干す行為のことで、当初はビールなどのアルコール度数の低い酒を大ジョッキで飲み干す、一種のお座敷芸でした。しかしこれが次第に、場を盛り上げるために「コール」と呼ばれる囃し立てと共に他人に強要されるようになってくると、場をしらけさせているとして下戸までもがイッキ飲みを強要されるようになりました。また、イッキ飲みが一種の度胸試しのようになってくると、次第にアルコール度数の高い酒を飲み干すことを求められるケースも多くなってきました。中には飲んだら強引に吐かせ、さらに飲ませるという行為まで横行し、飲食店や飲み屋側は酒が売れるならと見て見ぬ振りをすることもあったため、問題を深刻化させました。しかし進学シーズンともなると、毎年のように新入生がコンパなどでこのイッキ飲みを強要された挙句、急性アルコール中毒で救急病院に担ぎ込まれるケースが続発し、毎年のように死亡者が多数出るため、現在は店側でイッキ飲みを禁止、制止している場合も少なくありません。さらに、未成年者飲酒禁止法により、20歳未満の飲酒と購入、20歳未満への販売・提供が禁止されていますが、新入生の多くは18~19歳と未成年である人がほとんどであり、もし未成年者に上記のような事態が発生した場合は、酒を販売・提供した店側の責任も問われます。このため最近では、身分証の提示を求め、未成年者の入店自体を断る店も増えてきています。

アルコールハラスメント対処策

お酒が飲める人と飲めない人が両方とも宴会を楽しむには、お互いに配慮が必要です。まず、お酒を飲む側は自分のお酒の適量を知り、常軌を逸しない程度に抑えること。上下関係・伝統・暴力など、飲酒とは無関係な理由で飲酒を強要しないこと。体質的に飲めない人がいるということを理解すること。飲酒をなにかの芸であるかのように、または自分が楽しむために、他人に飲酒を強要しないこと。イッキ飲みはしない、させないこと。責任を持って泥酔した人の面倒を見ること。このような配慮は最低限必要です。また、お酒を断る勇気を持つことも大切です。お酒を断ることは一種の人権です。上司だから、友だちだからと遠慮せず、はっきりと断りましょう。

飲まザル

アルコール薬物問題全国市民協会は「イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2006」として「飲まザル」というキャラクターを使用したポスター、チラシ、コースターでアルハラの防止を呼びかけています。「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿がモデルとなっています。飲まザルには4種類あり、状況ごとに使い分けます。

  • イッキは飲まザル
  • 体質的に飲まザル
  • クルマだから飲まザル
  • これ以上飲まザル

アルハラ・ヤダピョン

「イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2008」からは、「アルハラ・ヤダピョン」が「飲まザル」の後を継ぐ形で登場しました。こちらもチラシやコースターによってアルハラの抑止を訴えています。アルハラ・ヤダピョンも4種類で、状況によって使い分けます。

  • イッキは飲めません!味わいたい派なので・・・。
  • 体質的に飲めません!DNAには逆らえません・・・。
  • 車なので飲めません!君の口車にも乗らないよ!
  • 限界なので飲めません!一杯でいっぱいいっぱい。

嘔吐の対処法

イッキ飲みなどで気分が悪くなり、嘔吐してしまった場合、意識があって自発的に嘔吐できる時は、それ以上の酩酊を抑える上で吐かせる行為も対処としては誤りではありません。飲んですぐ現れる酔いは胃内容物によって引き起こされ、放置すればさらに泥酔しかねないためです。しかし泥酔して意識がはっきりしていない場合は、無理に吐かせると吐瀉物で窒息する危険性があります。こういう場合は横向きに寝かせて、万が一吐いてしまっても安全なように備えて目を離さないようにし、最寄の病院へ搬送するか、救急車を呼ぶなどして、医療関係者に任せるほうが適切であるといえます。泥酔者を放置して致死させた場合などには、保護責任のある関係者(飲み会の主催者など)に遺棄罪が問われることもあります。様子がおかしいと思ったら、すぐに病院へ連絡してください。