宴会上手になろう!合コン編

若者の出会いの味方、合コン。違うグループの男女が集まって自己紹介をして、談笑するというシンプルなものから、最近では「街コン」「料理合コン」「ゴルフ合コン」など多種多用な合コンが存在します。恋愛の相手を探すだけでなく、共通の趣味をもつ友だち探しという目的で参加する人も増えているようですね。

合コンとは

合コンとは合同コンパの略です。主に学生や若者の使う言葉で、仲間と親睦を深めるために行う飲み会のことを指します。一般的に合コンというと男女のグループが恋人や友人を探すために平く会と解釈されます。男女の幹事がそれぞれの友人や知り合いを集め、食事やカラオケなどを共に楽しむというものです。合コンをきっかけに恋愛に発展したり、グループ交際に進展する場合もあります。合コンのメリットは、合コンでしか出会わなかったであろう人たちと知り合えるという点です。

合コンの準備

人数を決めよう

合コンの場合、男女の数が同じになるようにセッティングするのが基本です。もうひとりの幹事と話合って何人ずつ用意するか決めましょう。

メンバーを集めよう

人数が決まったらそれに応じたメンバーを集めましょう。合コン相手の異性の好みを事前に確認しておき、それにあわせてメンバーを選ぶと成功率が上がります。ただし、女性が男性の好みとして揚げる「優しい人」や「面白い人」は建前である可能性が高いので、鵜呑みにしないようにしましょう。

会場を決めよう

男性側が会場を決めることが多いようです。参加者が集まりやすい地域を選びましょう。女性側の食の好みを聞き、積極的に取り入れるといいですね。お店はプライベート感の出る個室や、おしゃれな居酒屋が喜ばれます。バルやイタリアンなど女の子が喜びそうなお店を選びましょう。女性側の幹事にオススメのお店を聞いてもいいかもしれません。

二次会会場をリサーチ

合コンが終わったあとに行きやすいような居酒屋やカラオケ店などが近くにあるかどうか、事前にリサーチしておきましょう。一次会のお店を出てから探すのではせっかくの楽しい雰囲気が台無しになってしまいます。

事前に連絡

開催日の前日に、合コンの開始時刻、お店の場所、予約名などを参加者に連絡してあげましょう。まめな性格であることがアピールでき、好感度が上がります。遅刻防止のために、開催時刻に余裕を持った待ち合わせ時間を設定しておくとよりいいですね。

合コン当日

席決め

男女向かい合って座りがちですが、これだと中々距離を縮められません。思い切って最初から男女交互に座る配置にして見ましょう。幹事の二人が仕切ってあげて下さい。途中で盛り上がりに欠けるな、と思ったら席替えをするのもありですね。

自己紹介

男性側から自己紹介してあげると親切です。事前に順番を決めておいてもいいですね。自己紹介は、名前、年齢、職業、趣味などを簡潔に話しましょう。長い挨拶は嫌われますので注意してください。趣味のところは、相手に興味を持ってもらえそうな話題を選びましょう。知ったかぶりは墓穴を掘ることになりますので、見栄を張らずに正直に話しましょう。

会話

相手の自己紹介の内容をもとに話を広げていきましょう。なるべく会話は途切れることがないように、事前に話題に使えそうなものをピックアップしておくといいですね。質問されたら同じ質問を相手にもしてみるというのも、会話を続けるコツです。

連絡先を交換

気になる人が見つかった場合は連絡先を交換したくなりますね。上手く聞くコツは、その人だけに聞くのではなく「また皆で飲みに行きたいから連絡先交換しよう」と全員巻き込む形にする方法があります。これだと自然に全員の連絡先を知ることが出来るので簡単です。ですが、あくまで個人情報なので、嫌がる人がいたら無理やり聞き出すのは止めましょう。

二次会に誘う

一次会が盛り上がったら、二次会に誘ってみましょう。男性側から誘うのが自然です。その際、「この後どうする?」と女性側に決めてもらうような形ではなく、「時間が大丈夫なら、カラオケ行かない?」というように行き先を決めて誘うとスマートです。誘うタイミングとしては、お店を出てからではなくお会計前にするといいでしょう。終電の時間は必ずチェックしておき、気にするようにしましょう。

合コンのマナー

服装

合コンの服装は男女共に清潔感のあるものが好まれます。シャツに皺がないか、靴下に穴が開いていないかなど事前にチェックしておきましょう。おしゃれにしようと気合をいれるのも結構ですが、派手すぎたり、化粧が濃かったり、個性的過ぎたり、露出が多かったりすると相手に引かれてしまうので程ほどにしましょう。また、服装よりも身だしなみのほうが大事です。髪は整っているか、ネイルは剥がれていないか、無精ひげはないかなどは必ずチェックするべき点です。企業に面接に行くときのような気持ちでチェックしましょう。

時間厳守

昔は遅れて参加することで注目度が上がるなんていう小技がありましたが、もうそんなのは通用しません。社会人として時間を守って行動するというのは当然のマナーです。外の参加者の迷惑にもなりますので、時間厳守で行動しましょう。遅れて参加してみたらもう既に盛り上がっていて、輪に入れなかったということもあります。どうしても遅れる場合は事前連絡を。

タバコ

タバコを吸う場合は「吸ってもいい?」と確認しましょう。場合によってはタバコを吸われるのをひどく嫌がる人もいますので、そういう場合は喫煙所で吸うなり、お店の外で吸うなりの工夫をするか、タバコを我慢しましょう。

下ネタは程々に

女性でも男性でも初対面の方とお話するわけですから、あまりにも下品な話は避けましょう。人によっては嫌がる人もいますし、あまりにもリアルな体験談を話されるとドン引きしてしまいます。下ネタは空気を読んで程々にしましょう。

携帯電話

楽しくお話している最中に、外の人とメールをしたりLINEをしたりするのはマナー違反です。携帯電話はマナーモードにして仕舞っておきましょう。ただし、話題に困ったときなどに携帯の中の写真を見せるなどの活用は大いに結構です。

飲みすぎ厳禁

楽しいから、盛り上がるからといってお酒の飲みすぎは厳禁です。自分の限界量を把握しておき、楽しく会話できるくらいまでに抑えましょう。飲みすぎて肝心なときに役に立たなくなっては合コンの意味がありません。また、飲めない人への強要は健康への被害も考えられますので、絶対にしないでください。

合コンでモテる人

第一印象が良い

最初に会ったときの印象がその後のすべてを決めると言っても過言ではありません。清潔感のある服装、きちんとした身だしなみ、爽やかな笑顔を心がけましょう。また、軽すぎるノリの人やクールぶっている人は嫌われます。緊張していても笑顔で挨拶するように心がけましょう。

気が利く

さりげない気遣いが出来る人はモテます。相手の飲み物が少なくなったら「次なに飲む?」と聞いたり、サラダなどを取り分けたり、取り皿が汚れたら新しいものに取り替えたり。つねに周りに目を配っておきましょう。ただしやりすぎると「がんばっちゃってる人」の烙印を押されますので、あくまでさりげなく適度にしましょう。

聞き上手

自分の話ばかりしている人は嫌われます。上手に話題を振って相手の話を引き出しましょう。適度に相槌をうったり、こちらから質問して話題を掘り下げると、興味を持ってくれているんだな、と嬉しくなります。

話題が豊富

合コンでの話題は「浅く広く」です。とにかく色々な話題をストックしておき、相手にハマるものを探しだしましょう。会話を途切れさせることなく続けることが、相手に楽しいと思ってもらう秘訣です。

「ありがとう」の一言

料理を取ってもらったときや、空いたグラスを片付けてくれたときなど、必ず「ありがとう」と一言添えましょう。合コン相手に対してだけでなく、店員さんにも忘れずに「ありがとう」といいましょう。横柄な態度の人は嫌われます。気をつけましょう。