宴会上手になろう!忘年会編

年末の予定が忘年会で埋まっていると、ちょっと嬉しくなるのは私だけでしょうか?幹事さんにとっては頭を悩ませる時期でもありますね。会社の皆さんと、家族と、友人たちと、今年一年の苦労を忘れて楽しみましょう!

日本固有の文化

忘年会は英語で「Year End Party」「Forget Year Party」「Bounenkai」などと表されます。英語文化圏ではクリスマスの対比させた非宗教的な行事と理解されていて、日本固有の文化として考えられる場合が多いようです。ですが、「年末にその年の慰労を目的として執り行われる宴会」という意味付けでは、台湾の尾牙、中国の年夜飯、大韓民国の送年会など、東アジア圏では似たような文化を見出すことが出来ます。

忘年会の歴史

忘年会の起源ははっきりとは判っておらず、いくつかの由来の異なる会合が次第にひとつに融合して生まれた多元的起源を持つ行事であると考えられています。「としわすれ」という言葉を用いた最古の例としては、室町時代の皇族・伏見宮貞成親王が認めた「看聞日記」で、1430年(永享2年)12月21日の記録として出できます。「先有一献。其後連歌初。会衆如例。夜百韻了一献。及酒盛有乱舞。其興不少歳忘也。」という文章で、これは年末に催された連歌会が大変に盛り上がり、その様子がまるで「としわすれ」のようだったと述べたものです。この文章から、この頃には既に民衆行事として「としわすれ」と呼ばれる、酒を飲んで乱舞する行事が存在していたことがわかります。江戸時代には、特権階級の人々の中で一年の憂さを晴らす行事として広まりました。近代の忘年会がお祭りムードに変化したのは明治時代からで、無礼講などのキャッチフレーズで広まりました。

忘年会の準備

日程を決めよう

会社の忘年会の場合は仕事納めの日に催される場合がほとんどですので決める必要はありません。個人の忘年会の場合、週末に忘年会の予定が重なる場合が多いので、事前に参加者に希望日を募って都合のいい日を決めておきましょう。

お店を決めよう

忘年会の場合、大人数での宴会が多いので早めの予約が必要です。参加人数が確定していない場合でも場所だけ抑えておいたほうが懸命です。特に会社の忘年会の場合、普通の企業なら仕事納めの日が同じ場合が多いので、人気のお店は早々に埋まってしまいます。とくに個室での宴会は人気なので、幹事に任命されたらまずお店選びを始めましょう。

予算とコース

大人数での宴会ではコースが便利です。事前に料金が決まっているので、会計がしやすく幹事さんの負担が減ります。あらかじめ予算を決めてコースを選んでおきましょう。大体3000円~5000円くらいで飲み放題つきのプランが選べます。コースの場合は人数分の料理が運ばれるので取り分けが楽なのもポイントです。

人数を決めよう

お店に迷惑がかかるので、人数は早めに決定しておきましょう。特にコースを予約した場合は、料理の準備などもありますので、遅くとも3日前には人数を決めてお店に連絡してください。

二次会会場を探そう

二次会に参加するか否かやその人数はその場の雰囲気や体調によっても変わりますが、ある程度の目処はつけておきましょう。忘年会会場から近いカラオケボックスや、すぐに入れそうな居酒屋など3軒くらいをピックアップしておくと困らないと思います。

忘年会当日

挨拶してもらう

会社の忘年会の場合はその場の一番偉い人に挨拶してもらいましょう。事前に挨拶をお願いする旨を伝えておくといいかも知れません。短めの挨拶が好まれることをやんわりと伝えておくことが大切です。

会費を徴収

参加者が酔っ払ってしまう前に会費を徴収しておきましょう。事前にお店側にお支払いしておくことで、幹事さんも幾分安心して飲めます。遅刻してくる人などもいますので、タイミングを見て上手にやりましょう。現金で払うのかカードで払うのか、後払いか先払いかなど、お店側と事前に支払いについて決めておくとスムーズです。

監視

幹事さんは全体を見渡しておく必要があります。会話に入れずにいる人がいたら話掛けてあげたり、男性に絡まれて困っている女性がいたらさりげなく助けてあげましょう。また、上司の飲み物の減り具合を常に把握して、無くなる前に次の飲み物を注文するようにしましょう。また、飲みすぎて具合が悪そうな人にはさりげなくお水を差し出したり、トイレに誘導するなど場を盛り下げないように気をつけましょう。

飲みすぎない

幹事さんには様々な仕事がありますので、無礼講といわれても飲みすぎないようにしましょう。その代わり二次会では一次会での頑張りを参加者の皆さんにほめてもらいましょう。

忘年会のマナー

無礼講とは「身分の上下を区別しない、形式ばらない宴会」のことです。けして「無礼なことをしてもいい」という意味ではありません!忘年会だからといって羽目を外しすぎたり、上司に対して酷い発言をしたりすると後々トラブルになりますので、マナーはきちんと守りましょう。

服装

座りやすい服装にしましょう。女性の場合、ミニスカートなどのお座敷で座りづらい格好だと、自分も楽しめないばかりか周りの人に気を使わせてしまいます。また、靴はブーツなどの脱ぎ履きしづらいものではなく、パンプスなどを選ぶとよいでしょう。たとえ一次会の会場がテーブルでも二次会でお座敷のお店に行く可能性がありますので油断は禁物です。

座る場所

入り口から一番遠いところが上座です。たとえ会場に一番乗りしても奥の席は偉い人が座りますので避けましょう。自分が一番下の場合は、店員さんに注文をしやすい場所を選びます。入り口から近い席がいいでしょう。

乾杯

お酒を飲めない人でも乾杯のときはお酒に口をつけましょう。飲まなくていいので飲むフリをすると場をしらけさせずに済みます。体質的に口をつけるのも無理という方は幹事さんにこっそりお願いしてジュースに変えてもらいましょう。

会話

相手の嫌がることを詮索するのは止めましょう。趣味の話や、簡単な仕事の相談など当たり障りのない会話を楽しみましょう。

お酌

目上の人のグラスが空きそうになったら「何にしますか?」と聞きましょう。ビールや日本酒などその場にあるものの場合は、両手で持って「どうぞ」と一言添えて注ぐといいと思います。逆に目上の人からお酌してもらう場合は、自分のグラスを両手でもって「いただきます」と添えましょう。もう飲めない場合は「もう結構です」ときちんとお断りしましょう。無理に飲んで失態を犯しては台無しです。また、飲めないといっている人に無理に飲ませようとするのは絶対にNGです。場合によってはハラスメントと取られることもありますので気をつけましょう。