宴会上手になろう!花見編

春になると宴会好きの皆さんはなんだかそわそわするのではないでしょうか。そうです、お花見の季節だからです。実はお花見は日本独自の風習なんですよ。桜の花は一斉に咲いてわずか2週間くらいで散ってしまうため、日本人の季節感を演出する重要な風物となっています。可憐な花の美しさが開花期間の短さ、散り際の豪華さによりいっそう印象づけられますね。桜の花を楽しみつつ、ルールやマナーを守って風流に飲みたいものですね。

花見の歴史

お花見は奈良時代の貴族の行事が起源だといわれています。奈良時代には中国から伝来したばかりの梅が鑑賞されていましたが、平安時代に桜に代わりました。それは歌にも現れていて、「万葉集」には桜を詠んだ歌が40首、梅を詠んだ歌が100首程度ありますが、10世紀初期の「古今和歌集」ではその数が逆転して桜の歌のほうが多くなっています。「花」が桜の別称として使われ始めたのもこの頃からです。「日本後紀」には、嵯峨天皇が812年に神泉苑にて「花宴の節」を催したとあります。時期的に花は桜が主役であったとみられ、これが記録に残る花見の初出と考えられています。831年からは宮中で天皇主催の定例行事として取り入れられました。その様子は「源氏物語」の「花宴」にも描かれています。また、吉田兼好は「徒然草」第137段で、身分のある人の花見と「片田舎の人」の花見の違いを説いています。吉田兼好は、わざとらしい風流振りや騒がしい祝宴に対して冷ややかな視線を投げかけていますが、この記述から「徒然草」が書かれた鎌倉末期から室町初期の頃にはすでに地方でも花見の宴は催されていたことが伺えます。織豊期には野外に出て花見をしたことが絵画資料から確認できます。この時期のもっとも大規模な花見は1598年3月15日に行われた豊臣秀吉の醍醐の花見です。花見の風習が広く庶民に広まっていったのは江戸時代といわれています。江戸でもっとも名高い桜は忍岡(しのぶがおか)で、天海大僧正によって植えられた寛永寺の桜でした。しかし格式の高い寛永寺で人々が浮かれ騒ぐことは許されていなかったため、享保年間に徳川吉宗が浅草や飛鳥山に桜を植えさせ、庶民の行楽を推奨しました。吉宗は生類憐みの令以降途絶えていた鷹狩を復興させた際、鷹狩が農民の田畑を荒らすことへの対応策として、鷹狩の場に桜の木を植えることで花見客が農民たちに収入をもたらす方策をとったのだそうです。

花見の準備

日程を決めよう

花見の時期は2週間と短く、その前後の気温や天気にも左右されるので日程を決めるのはとても難しいと思います。ニュースをこまめにチェックし、天気予報などを見て候補日を決め、参加者の都合をあらかじめ聞いておきましょう。また、週末と満開の時期が重なった時などはお花見スポットが大混雑する場合があります。満開より2日~3日ずらすだけで快適なお花見が楽しめることもありますので検討してみてください。

場所を決めよう

桜の名所といわれる場所は沢山あります。ですが、いわゆる「名所」は、見頃の時期は当然混雑しますので覚悟しておいてください。有名なお花見スポットでなくても、近くの公園や川沿いなど、桜が植えられていて人が少ない穴場スポットも意外とあります。インターネットで検索するなどして探してみてください。

ロケハン

場所が決まったら実際にその場所を訪れてみましょう。トイレの場所や、買出しに便利なスーパー・コンビニなどが近くにあるかどうかも調べておくといいですね。徒歩5分圏内にそれらがある場所がベストです。また、座るところがアスファルトではなく、土かどうかも重要なポイントになってきます。長時間座りっぱなしになるわけですから、出来れば芝生などの上がいいですが、無い場合は土の上にするようにしましょう。なるべく平らなところだと飲み物を置きやすいのでいいですね。昼間に花見をする場合は日陰であるかどうかも確認しましょう。紫外線を気にする女性の気持ちを理解しているな、と評価が上がります。場所取りをする場合は、事前の場所取りが許可されているのかどうか必ず確認してください。桜の木の下に青いビニールシートが広がっていると著しく景観を壊します。他の人への配慮も忘れずに楽しみましょう。

花見当日

場所取り

事前に場所取りが出来ないところの場合は、幹事の方が早めに行って場所取りをしましょう。その際、トイレの場所やコンビニの場所も確認しておくといいと思います。必要以上に広く占有すると、周りの人の迷惑になります。特に混雑する名所などではその傾向が強いので、過度な場所取りは止めましょう。

買出し

花見会場にも屋台が出る場合がありますが、そういった屋台は大抵混雑しています。また、ビールなどをそういった場所で買うと相場の倍くらいの値段になります。ですので、事前にスーパーなどである程度買出ししておきましょう。飲み物やお菓子など参加者の好みを事前に調べておくといいと思います。

楽しむ

参加者が揃ったら後は楽しむだけです。羽目を外しすぎないように気をつけながら、お花見を堪能してください。他の花見客に絡まない、騒ぎすぎない、きちんと後片付けをする、ゴミは持ち帰るなどは、人間として最低限のマナーです。きちんと守りましょう。

あると便利なグッズ

以下のグッズを持っていると出来る幹事だなと尊敬の念を抱いてもらえるはずです。

紙食器

お皿、コップ、フォーク、箸など多めに準備しておくとよいでしょう。使い終わったらそのまま捨てられるので楽チンです。

ゴミ袋

大きめのゴミ袋は、片付けに便利なほか、シート代わりにしたり、突然の雨を凌ぐカッパ代わりにもなります。100均一で買えますので準備しておきましょう。

ウェットティッシュ

外で食べたり飲んだりするので手が汚れがちです。ウェットティッシュがあればわざわざ洗いに行かなくて済むので便利です。

箱ティッシュ

飲み物をちょっとこぼしたときに拭いたり、鼻水をかんだり、お菓子を載せるお皿代わりにしたり・・・。ポケットティッシュでは足りませんので箱ティッシュを持っていきましょう。

上着、ひざ掛け

お花見の時期は昼間はぽかぽかと暖かいですが、日が陰るととたんに肌寒くなります。ひざ掛けを一枚持っていると女子からの好感度が高まります。

ソメイヨシノが無くなる!?

日本での桜の花見はソメイヨシノを対象としているところが多いですね。しかし、全国のほとんどのソメイヨシノは寿命を迎えているのだそうです。この為、現在多くの公園などで桜の植え替えが行われていて、河津桜、吉野桜などを交互に植えることで桜並木の延命をしようという工夫がなされています。気をつけなければいけないのは開花時期です。ニュースなどで発表される桜前線はソメイヨシノを基準にしています。桜によっては開花時期が前後するものもあるので、せっかく見頃だと思ってきたのにもう散っていたなんてことにならないように注意してください。